タヒチ産バニラビーンズ

タヒチ産バニラビーンズ販売通販

ブラック・ゴールドと呼ばれるバニラ

バニラアイスやカスタードクリームなどの洋菓子に欠かせないバニラビーンズは、ラン科の植物のさやを収穫後、発酵させてつくります。タヒチバニラ(学名:バニラタヒテンシス)のさやは最大で長さ25センチ以上にもなり、太く、種が取りだしやすいのが特徴です。
またブルボン種に比べて熟してもさやが裂けにくいので、完熟したベストなタイミングで収穫・加工できるので豊かな香りが楽しめます。
香りの特徴は芳醇で複雑。ふくよかな甘い香りと、アニス系のややスパイシーな香りも持ち、華やかな香りで世界中の有名シェフやパティシエを魅了しています。1925年まで、タヒチは世界で2番目に多いバニラビーンズの生産量を誇っていました。
その後人工香料やブルボン種のバニラビーンズに押され、現在タヒチバニラは世界で生産されているバニラビーンズの1割に満たない希少な存在となっています。そのため、タヒチバニラは別名ロー・ノワール(ブラック・ゴールド)と呼ばれ、タヒチ国内においても黒トリュフより高い価格で取引されているのです。

 

タヒチ産バニラビーンズ販売通販
バニラ栽培の様子

タヒチのバニラ産業

元々タヒチには野生のバニラはなく、フランス統治下の1848年、フランス軍提督によって運ばれ、花を楽しむ観賞用植物として広まりました。1880年頃から本格的にバニラビーンズの栽培がスタート。ピークの1949年には300トンものバニラビーンズが生産されていた記録が残っています。現在でもタヒチバニラは全生産量の90%以上が輸出されていて、観光、養殖ブラックパール、漁業に並ぶタヒチの重要な産業の1つです。

タヒチ産バニラビーンズ販売通販

バニラのさや3キロから約1キロのタヒチバニラがつくられる。

しかしバニラの栽培は難しく、収穫量は天候にかなり左右され収入が安定しないことから、生産者は少なくなっています。そんななかタヒチバニラの世界的な需要の高まりを受け、タヒチ政府は生産量拡大と価格安定のため巨額の補助金の交付を計画しています。

タヒチ産バニラビーンズ販売通販

 バニラプランテーション
タヒチ産バニラビーンズ販売通販
開花間近のバニラの花のツボミ

バニラの苗は植えてから花をつけるまで3年以上もの年月がかかります。強風が苦手で、湿度が高すぎても低すぎても、また寒すぎても暑すぎても枯れてしまう、とてもデリケートな植物です。花は数時間しか咲かず、自ら受粉できないため人がマリアージュ(受粉)を手伝わなければなりません。とても繊細なバニラのマリアージュにはスピードと技術が欠かせないのです。受粉したバニラの花はさやになり、10か月ほどかけてゆっくり緑色から茶色へと熟し、収穫されます。

タヒチ産バニラビーンズ販売通販

しかし収穫した時点では、まだバニラ特有のかぐわしい香りはしません。そこか ら乾燥・洗浄・熟成・マッサージという80以上にものぼる複雑な工程のキュアリングを経て、やっと世界一のタヒチバニラが誕生するのです。

 

タヒチ産バニラビーンズ販売通販高級プリン通販